決定!安いWIMAXプロバイダ「現・チャンピオン」はココだ!

WiMAXで最も安い

ズバリ、「GMOとくとくBB」はWiMAXプロバイダの中でも圧倒的な安さで選ばれています。
他のWiMAXよりも安い理由は、実店舗を持たず、派手なテレビCMをしないからです。
インターネット上だけで集客する手法をとっているので、人件費や広告費を大幅にカットしています。
高額キャッシュバックや月額料金の安さは、独自の宣伝によって反映されているのです。
「GMO とくとくBB」を運営しているGMOインターネット株式会社は、10年以上の実績がある上場企業なので安心して利用できます。
WiMAXは多くのプロバイダから提供されていますが
高額キャッシュバックを含めて実質月額料金を計算すると、最も安いのは「GMO とくとくBB」です。

圏外だったら違約金なしでキャンセル可(20日以内)

「GMOとくとくBB」は万が一、対応エリア外で使えなかった場合、キャンセルができます。
申し込んだ日を1日目とし、20日目以内であれば、違約金24,800円なしで契約のキャンセルを簡単にできます。
ただし、事務手数料や月額料金、その他の端末返送料は返金されませんのでご注意ください。
また、「UQ WiMAX 2+ピンポイントエリア判定で〇』と判定された場合はキャンセル不可となるので注意しましょう。
▼UQ WiMAX 2+ピンポイントエリア判定
「GMOとくとくBB」は最短即日発送で、すぐに使えるのが嬉しいポイント。
平日は15時30分まで、 土日祝は14時までに申し込むと最短翌日発送となります。
ただし、端末の在庫状況によっては、即日発送できない場合もあります。
「GMOとくとくBB」は「無制限プラン」と「7GB/月プラン」があり、どちらも「3年契約」となります。
契約から36か月目の更新月以外で解約をすると解約違約金が発生します。
初月を含めると37か月目となるので、更新月の数え方に注意してください。
▼GMOとくとくBB WiMAXの解約違約金
1~24か月目までの解約:24,800円
25か月目以降、更新月以外での解約:9,500円
更新月の20日までに解約の手続きをしないと、解約違約金が発生します。
解約はネットから簡単に手続きできるので、解約をする時は早めに手続きを済ませましょう。

【2020年用最新Ver.】WIMAX安いプロバイダ決定! | イチオシ!最新機種&高額キャッシュバックがゲットできる「GMOとくとくBB」 | 5Gスタートを見据えた短期契約が可能!「BIGLOBE WiMAX」 | 他社からの早期乗り換え目的ならGood!「Broad WiMAX」 | 決定!安いWIMAXプロバイダ「現・チャンピオン」はココだ!